2006年03月07日

自動トラックバックをしてくるバカブログを晒す実験。

一昨日情報商材の有用性を否定する記事を書きました。
にもかかわらず情報商材大好き系のブログから大量のトラックバックがありました。(全部削除しちゃいましたけど)

????

自虐的な方たちなのかな?と思い見に行ってみると・・・・・

何の事はなく自動トラックバックソフトを使っていたようです。

「最強の広告ツール」と検索してみてください。
わいて出てきますから。

ね?ひどいでしょ(笑)
このソフトを使っちゃうと、自動トラックバックを否定する記事にもトラックバックを送っちゃうんです。
自分でも気づかないうちに嫌われ者です(笑)
この説明ページによるとキーワードが書かれているからトラックバックスパムにならないそうです(笑)
こんなバカな宣伝文句にひっかかるバカはいないだろ?って思ってましたがいるんですね・・・・

まあ、確かに、嫌われてもいいし、他人には迷惑をかけてもいいからとにかくトラックバックを稼ぎたいという方にはうってつけかもしれません。

自動なら楽でトラックバックが稼げるから・・・
みたいな軽い気持ちなのでしょうから、こんなところで糾弾されているとは夢にも思っていないでしょう。

えーちなみにただいま「トラックバック」「自動」を意識して記事を書いています。
あとは、「アクセスアップ」?
きっとこの記事がインデックスされたら自動トラックバックソフトからのトラックバックが送られてくる事でしょう。
そのトラックバックを観察してみましょうって言うのがこの記事の趣旨です。


え?性格悪いですか?
まずいなあ、素がでちゃってるよ(笑)

でも良いんです。
ソフトの宣伝文句に踊らされて、何も考えずにスパムを行なう厚顔無恥な連中が少しでも自分の愚劣な行為に気付いてくれればね。
まあ、スパムを指摘されて開き直るようなバカは何を言っても無駄なので、ひっそりとASPに過激な抗議メールをしましょう。
抗議が集まれば自動トラックバック=スパムとなってアカウント停止に追い込めますから。
これを読んでる皆さんもスパムTBが来たらASPに苦情入れましょう。

posted by 検索猿人 at 13:01 | Comment(13) | TrackBack(119) | アフィリエイトとSEO

2006年03月06日

情報商材総括

実はここ数日情報商材について研究しました。

徹底的に販売ページを検討し、よさ気なものは買ってみました。

更に著者に質問をしてみました。

で、わかったこと。

情報商材は不要

って事です。

今後このブログで情報商材について書く事はないでしょう。

理由

1 そもそも著者のレベルが低い
考えればわかることです。雨後の竹の子のごとき湧き出てきたインフォプレナーがまともなレベルなわけがありません。
少なくとも、情報の横流しをする事がインフォプレナーだと思っているような連中が多い現状では様子見が一番ですね。
客観的な評価を何らかの形で確認できるようになるまでは相手にしないのが良いでしょう。

2 著作のレベルが低い。
自分で考えて、自分で調べればわかることばかり。
少なくともSEO関連で、満足のいくレベルの商材は皆無でした。


まあ、よく考えればわかることです。
数万ごときで自分にとって重要な情報は教えませんよね。
セミナーや、商材に記載されている事は話しても差し支えない事ばかりということです。

それでも、ごくごく限られた商材はそれなりの意味はあります。
でも、結局「それなり」です。
初心者に考えるきっかけを与えるにすぎないレベルです。
僕の結論としては、
自分の問題点は自分で洗い出し、自分で調べるのが一番良い。
です。
自分で考えなくては応用できませんから。
自分で徹底的に調べてそれでもわからない事は他人に聞くしかありません。
が、それを聞くには多くのインフォプレナーのレベルは低すぎます。
徹底的に試行錯誤すれば、その辺の情報商材レベルは完全に追い抜いていますから。

イヤほんと、良い商材があったらどんどん紹介しようと思ってたんですよ。
アフィリエイトにもなるし。
でも、ろくなのがないんですよ。
正直こりゃダメだって思いました。

ということで、今後このブログで情報商材の紹介をする事はないでしょう。
さようならインフォカート(笑)
posted by 検索猿人 at 05:28 | Comment(15) | TrackBack(8) | アフィリエイトとSEO

2006年03月03日

情報商材について

昨日書くって言っちゃたので情報商材について書きます。


まず、良い情報商材と悪い情報商材の見分け方。
悪いページを具体例をだして説明しちゃうと営業妨害になっちゃうので良い例を紹介します。
良い例に当てはまらないのが悪い例と反対解釈してください。

とりあえず情報商材の販売HPを見てみましょう。

マイクロサイトミラクル日本語版(特典あり)

これはミラクルサイトという情報商材の販売ページです。
最初に断っておきますが、
僕はこの商材買っていません。
てめー昨日買ってない商材は紹介しないって言ったじゃねえか?って突っ込みは少し待ってください。
確かに買ってはいませんが、非常に役にたった商材なのです。
僕のヤフー対策の基本はこの商材から学びました。
どう学んだかは後で書くとして、とりあえず見分け方。

長くグチグチ書くと情報商材販売ページみたいになるので結論から書きます。
その判断基準は

1 無料レポート
2 販売ページ
3 ミクシー等のSNS
4 2ちゃん(笑)

です。商材については検索エンジンはあまり使えません。だってアフィリエイトサイトばかり引っかかるから(笑)

まず、1の無料レポートやメルマガですが、もう、これで8割がたわかります。
気になった商材があったら、著者の無料レポートやメルマガを読んでみましょう。
なかには本人が過去に有料で売っていたレポートを読ませてくれる場合もありますので、それでその人のレベルがわかります。
有益な情報を提供してくれる人は無料レポートやメルマガでも有益情報のヒントはくれます。
あくまで「ヒント」ですけどね。
で、ヒントがない場合はダメ商材の場合が多いですし、貴方がヒントに気づかない場合は有料商材を買っても結局は役にたちません(後者が結構重要ですよ!)
自分のレベルに合った商材ではないって事ですね。

ちなみに、メルマガや無料レポート購読に必要なメールアドレスは捨てアドにしたほうが良いです。
ダメな情報起業家ほどウザイメルマガをバンバン送りつけてきますから(笑)

2の販売ページも同様です。
いくら儲かる!!とかいう意味のない煽りだけなのか、具体的なヒントが提示されているのかが分水嶺です。
例えば、マイクロサイトならマイクロサイトの理論を使って実際に作ったページが載せられています。
これは物凄いヒントです。
また、購入者の声のところに、その購入者の実際のページが紹介されています。
これも物凄いヒントになります。
大切なのは具体的なヒントがあるか否かです。
通帳のコピーとか、ASPの成果画面のコピーなんていくらあっても無駄ですよ。
販売ページでヒントが出せないのは本文も大した内容じゃないからと判断して良いと思います。

僕はこれらのリンク先のサイトを徹底的に調べて、マイクロサイトが有用な商材だと判断しましたし、それどころか、買わずしてマイクロサイト大体の理論を(自分なりに)把握しました。
おかげで、その後のヤフー対策がホント楽になりましたよ。

あとは3、ミクシーや、4、2ちゃんで調べてみてください。これらの場所は比較的本音が聞ける場所です。
前者は閉じられた空間であるが故に、後者は完全匿名であるが故にですので、情報収集する場合はその特性に注意してください。

まあ、3,4はおまけです。数万くらいならポンって出せる方は、ご自身で有用性を確信したら買っちゃっても良いと思います。

結局のところ、レポートや販売ページにヒントが多くちりばめられていて、且貴方がそれに気づくならば貴方にとってその商材は有用である可能性が高いということになります。

ちなみにマイクロサイトは多分良い商材です。
ヤフー対策にお困りの方は、販売ページと無料レポートを穴のあくまで読んで、徹底的に調べてください。
それでも、わからなければあきらめるか、買うかして下さい。

ま、こんな感じです。
長いなあ。
posted by 検索猿人 at 02:09 | Comment(4) | TrackBack(9) | アフィリエイトとSEO

2006年03月02日

情報商材と情報起業家

前にシステム自動生成ページがウザイと書きました。

それにもましてウザイのがエセ情報起業家とエセ情報商材。
昨今アフィリエイターが増殖しているのと同様に、情報起業家(インフォプレナー)も増殖しています。
別に情報商材を否定しているわけではありません。
情報という無体財産は日本では軽視されがちですが、実は物凄い価値があるのものであるとすら思っています。
僕も幾つかの商材と、幾人かの情報起業家さんたちには大変お世話になっています。
僕の知識もそういうところから得たものも多いです。

ただ、今の日本の情報商材については本当に玉石混合です。
石レベルだと、ネットでちょっと検索すればわかることを堂々と商材として売ったりしています。

まあ、どんなダメ情報でも自分の名前で売ってるんなら良いんです。
結局自分の評価に帰ってきますから。

僕がウザイって言ってるのはアフィリエイト目的で、買ってもいない情報商材を褒めちぎって売ろうとするアフィリエイターです。
この人たちのブログやHPはウザイですよ(笑)
ポップアップブロックがきかない海外のポップアップを使ってくるからいらない画面が開く開く。
自分で使っていないから褒め言葉も陳腐。

僕がSEOやアフィリエイト関係で調べ物しようとするとこういったページが引っかかる引っかかる。
いや、ホントウザイ。

こういう糞の役にもたたないページが早晩淘汰されるように、ウチのページでも、今後情報商材の情報を書いていこうと思います。
ウチのページでの紹介は僕自身が、使って、読んで、役に立ったものだけご紹介します。
っていうか、ダメ商材と価値ある商材っておおむね見分けられます。
その見分け方も書きます。

僕のこのブログをじっくり読んで、「こいつはダメなヤツだ」と思ったら僕のおすすめは無視してください。
反対に、このブログが評価できるものだと思ったら、僕のおすすめを信用してみてください。
SEOにしろ、アフィリエイトにしろ、良いものは良い、これがこのブログのコンセプトです。
posted by 検索猿人 at 00:43 | Comment(4) | TrackBack(5) | アフィリエイトとSEO

2006年02月20日

無法地帯

去年あたりからにわかにアフィリエイトが脚光を浴びています。

それと同時にゴミみたいなページが増える増える。

アフィリエイトバナーをベタベタベタ。
まあ、こんなのは初心者の人によくある話。
検索にも引っかからないから見なけりゃいいので放置。

問題はちょっとこの世界を知っている人間のアフィリエイト。

アフィリエイトをかじってるからニッチなキーワードでアフィリエイト。
SEOもかじってるから、上位とは言わないまでも中位くらいには引っかかる。
まあ、普通は検索の3P以降なんて見ないから良いんですが、ちょっと細かい調べ物をしようとすると引っかかっちゃうんですよねえ、こういうページが。
もう、マジでウザイ!!!!!
クリックして開いてみれば、何の情報もないシステムで自動生成されたページだったりするんですよ。
あーゆーページはゴミですね、ホント。
別にシステムによる自動生成を否定してるわけじゃありませんよ。
僕だって自動ソフトを使ってますし、相方にはPHPを勉強させてます。
ただ、内容のないページを大量に作るなって言いたいんです。
僕はこの類の無内容なページはスパムの最たるものだと思います。
検索エンジンも人力でも何でも良いからペナルティ与えて欲しいですね。

ホントこのままじゃアフィリエイトのイメージが悪くなりっぱなしだと思いますよ。
posted by 検索猿人 at 04:26 | Comment(4) | TrackBack(2) | アフィリエイトとSEO

2006年02月16日

アフィリエイトは儲かりますか?

世間ではアフィリエイト花盛りですが、月1万以上稼ぐ人はほとんどいないそうです。

何ででしょう?

僕はそろそろ会社作らないと税金がメンドクサクなりそうな額を稼いでいます。
別に特別のことはしていません。
僕自身は本職は他にあるし、サイトも作れません。
本職はコンピューターとは無縁の世界です。
実際のサイト製作は相方にやっていただいています。
相方は女子大生ですがこの世界に興味を持ったらしく、WEBの専門学校に通いだしましたが元々は全くの素人です。
今でも素人に毛が生えたようなもんです。
それでも、「稼げる」サイトは作れます。
僕らがやっていることといえば、
ネットで色々調べて、情報の取捨選択をして、実践して検証する。
これだけです。

よく「人と同じ事をしちゃだめだ」なんて言葉を見ますがそんなことはないですよ。
成功は成功者の模倣から始まります。
成功者が全くいない世界ならいざ知らず、成功者がいるのですから真似させてもらいましょう。
成功者の成功は、試行錯誤の結果です。
我々はその試行錯誤を前提として考えを始めれば良いのです。
同じ事をした上で、ちょっと上に行く工夫、ちょっと脇にそれる工夫。これで良いんです。
少なくとも僕はそうですね。

成功を誇りたい人は大勢います。そのなかから自分の成功に必要なヒントを見つけてください。
posted by 検索猿人 at 03:44 | Comment(2) | TrackBack(1) | アフィリエイトとSEO

2006年02月06日

アフィリエイト雑感

実は別ブログでアフィリエイトネタで書いていたんですがネタもかぶるしメンドクサイからこっちにまとめます。

まあ、そもそもSEOに興味を持ったのもアフィリエイトがきっかけですしね。

おかげでアフィリエイトだけで普通のサラリーマンくらいは稼がせてもらってます。

ということでアフィリエイトについても小出しにしていこうと思います。
posted by 検索猿人 at 20:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | アフィリエイトとSEO