2006年07月03日

グーグルをターゲットにする意味

現在の日本では、検索エンジンのシェアはヤフーが一位です。
しかし、早晩グーグルが抜き去るであろうと僕は思っています。

理由はさまざまですが、準公共インフラといってもいい検索エンジンにおいて、ヤフーはあまりにも恣意が入りすぎているような気がするというのが一番の理由でしょうか。
また、ほしい情報が一番見つかりやすい検索エンジンもグーグルだったりします。

ということで、グーグルがシェアをあげてくることは明白なので、グーグル対策のSEOが重要になってくるんですね。

また、グーグルで上位表示されるということは、グーグルを使ってるポータルからのアクセスも獲得できます。
実はGOOとかも馬鹿にできないアクセスくれますよ。

じゃ、グーグルのSEOですが何をすればいいのでしょうか?

これは簡単です。

適切なアンカーからの被リンクです。

きちんとWEB標準でサイトを作って、後は良いリンクをもらうだけです。
内部の比率とか記載方法とかはあんまり関係ありません。
ですから楽といえば楽ですし、難しいといえばものすごい難しいです。

とりあえず前に書いた自作自演でニッチなキーワードなら1ページ目確保できますよ。

一番単純で一番難しいグーグル。
このあたりがナンバーワン検索エンジンの所以でしょうか。
posted by 検索猿人 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | SEO日記