2006年04月19日

キーワードを考える

久しぶりのSEOの基本です。

前回はタグの話を書いていましたが、本当はタグの前にキーワード選定の話しをしなければならないのに忘れていたので改めて書きます。


SEOをかけるキーワード選定は非常に重要です。
効率的にアクセスを集めるためには、
@競合が少なく
A検索数が多い
キーワードを選定する必要があります。

まずよくいわれているのが
キーワードアドバイスツールプラス
ですね。





キーワードアドバイスツールプラスアクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録








例えばダイエット系のアクセスを集めるなら、プラスに「ダイエット」と入力してKEI値の高いキーワードを選定するという方法です。
ただ、1つ注意してください。
KEI値というのは基本的には検索結果数と検索数の割合ですので、母集団のSEOのレベルは考慮されていません。
ですからKEI値のみを見て決めるのではなく、必ず上位サイトを確認してから決めましょう。
倍率の2倍の東大入試と倍率5倍の偏差値40台の大学入試では後者のほうが圧倒的に楽であることと同じです。
特に、検索数10000前後のキーワードでは、1ページ目に乗らなければあまり意味がありません。
1ページ目といえば指定席は10個しかないわけです。
いかにKEI値が高くても、上位10サイトがカリカリにSEO対策がされていれば厳しい戦いになってしまいますよ。

つまり
@競合が少ない
とは、「SEOを頑張っている競合サイトが少ない」という事になります。

KEI値だけに拘泥されると、後で大変になることがありますので注意しましょう。

次回は実際の選定方法について書いてみます。
posted by 検索猿人 at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(14) | SEOの基本

SEOリンク集、アフィリエイト実験室

サイト名

アフィリエイト実験室

管理人 テラ様

サイト説明(サイトより抜粋)

アフィリエイトの実践を通じて、Webマーケティングについて検証と考察をしていきます。Webマーケティング、アフィリエイトに活かせる情報や小技もご紹介したいと思っています

検索猿人より一言

アフィリエイトについて実践的で且有効な情報を提供してくれます。
アフィリエイト紹介系のブログで、ギブ&テイクが実践できている数少ないブログの一つです。
posted by 検索猿人 at 03:28 | Comment(1) | TrackBack(15) | SEOリンク集

2006年04月14日

ヤフーは一体どこに行くのだろう(笑)

あいも変わらずヤフーが動いてます。

ヤフーについてはしばらくは静観が良いと思います。
以下は完全に私見ですが、ヤフーっていくつもクローラーがあって、それぞれのクローラーに役割があるんじゃないかと思います。
そして、それぞれのクローラーが収集した情報を全て上書きしたときにそのサイトの正当な評価が確定する。
ですから、変動期には、クローラーのタイミングで、落ちたり上がったりするんでしょうね。
この上下のタイミングで一喜一憂して間違ったSEOを確認しちゃうともう大変です。
気をつけましょう。

少しでも落ちると何か対策を打ちたくなりますが、ココは我慢。
評価が確定するまで待ちましょう。

多分来週末か再来週の頭までには確定するんじゃないでしょうか。

繰り返しますが、このエントリーは完全な私見、かつ憶測です(笑)
その点をご理解の上お読み下さいね。


ちなみに、最近SEOの相談メールが多いです。
なかにはいくらで対策やってくれますか?見たいなのもあります。
そこで、きちんともう一度いっておきたいと思います。

僕は素人です

お金なんていりません。
けど、責任もとりません。
それでもよろしければどうぞ(笑)

posted by 検索猿人 at 17:35 | Comment(4) | TrackBack(1) | ヤフーSEO対策

2006年04月11日

ちょっと作ってみました。

僕のお友達にカメラ屋さんがいます。

ひょんなことからそのカメラ屋さんのHPをリニュすることになりました。

色々な事情があり、SEOとしては即効性のあるMSNをターゲットにして作りました。
っていうか僕は作れないので相方に作らせたんですけど(笑)

結果、MSN対策はそれなりに成功しました。

これがそのHPです
赤坂三共カメラ

どうでしょうか?
検索システムも装備しましたし、ただで作った割にはまともな出来かな?って思っています。

ここをご覧の皆さんのご意見を伺いたくて晒してみます(笑)

デザイン、Eコマース、SEO どんな観点でもかまいませんのでコメント下さい。
posted by 検索猿人 at 17:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | SEO日記

SEOリンク集 おやじ、怒りのアフィリエイト様

サイト名 おやじ、怒りのアフィリエイト

管理人 おやじ様

ブログ内容
ネット収入だけの稼ぎで生計を立てるお父さん。ブログアフィリエイトでの稼ぐ方法・情報などのアフィリエイトブログ。

検索猿人より一言
しっかりとご自分の経験に基づいたエントリーが書かれている良ブログです。
posted by 検索猿人 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEOリンク集

2006年04月09日

資本関係も大事ですな。

SEOには色々と大人の事情が絡み合ってきます。
それが顕著なのがヤフーです。

やはり日本人の血がかなり流れているのでしょう。

本来、カテゴリー登録サイトがいわゆる「下駄」を履かせてもらって上位表示されるというのはおかしいですよね。

これも、やはり大人の事情でしょう。

今回はあまり知られていない大人の事情をもう1つ。


WEB業界ではあまり評判のよくない「JWord」
・プラグインがスパムっぽい
・営業がウザイ
・規約変わりすぎ

評判が悪い理由をあげれば枚挙がありません。

しかし、この「JWord」今ではしっかりとヤフー傘下なのです。
で、大人の事情発現(笑)
そうです、サイトが「JWord」に登録されるとヤフーでの表示に「下駄」がはかされると思われるのです。

この事実はヤフーやJWordの公式見解ではありません。
ただ、「何故、このサイトがこの位置?」というのを調べると、多くが「JWord」登録サイトだったという事実。
僕が「JWord」担当者に、「「JWord」に登録したらヤフーでも上位表示の効果はありますよね?」
と聞くと、
「ウチはヤフーの傘下ですから、そういうこともありえますね」との返答。
これらを考慮すれば「下駄」説もあながち間違いではないかと思います。

これが事実だとするとビジネスエキスプレスの実質値上げみたいなもんですよね。

こういった「下駄」はSEOを仕掛ける方としてはあると楽です。
でも、検索制度は落ちますよね。

結局、やっぱりヤフーはダメなのかなといういつもの結論にたどりつくのでした。

posted by 検索猿人 at 13:40 | Comment(2) | TrackBack(2) | ヤフーSEO対策

2006年04月05日

ヤフー

今、YST(ヤフー)が少しおかしい事になっていますね。
カテアイコンが消えたり、説明文が変になっているんです。

何の実験なのか、アルゴリズムの変更なのかはわかりませんが、こう、不安定だと、ヤフーの評価は下げざるを得ません。
僕個人の印象ですが、ヤフーは日本のトップエンジンであることにあぐらをかいているような気がします。
ウチはトップだから、これくらい良いだろうみたいな怠慢の気配を感じるのです。

安定度も検索精度もやはりグーグルが一番です。
前からかいていますが、ヤフーの天下は長くないと思います。
posted by 検索猿人 at 18:15 | Comment(7) | TrackBack(1) | SEO日記

2006年04月03日

こりゃ酷い(笑)

年度明けは忙しいですね。
意味のない拘束は苦痛です。

ところでしばらくブログを放置すると(しばらくって言っても2,3日ですよ)自動バカTBが大量に来てるんですね。
ま、アフィリエイトとか情報商材とかバカがよく絡むテーマでブログを書いてるから仕方がないっていえば仕方がないんですけどね。

しかし、本当にアレはどうにかなりませんかね。
スパムメールとなんら変わらないのですから出来れば法規制して頂きたいもんです。

まあ、それまでは自衛するしかありません。
バカTBしてくるブログのASPやらブログサービス元にはメンドクサイかもしれませんが抗議のメールをしておきましょう。
多くの抗議が集まれば何らかの対策を講じてくれるはずですから。

ウチのスタンスとしては

バカTB発見
 ↓
速攻削除(証拠保全で一応コピペ)、IPとアドレスでアクセス書き込み禁止
 ↓
相手のブログにコメント欄があれば抗議コメント、なければ即ASPに抗議メール
 ↓
相手が謝罪してくれば不問、謝罪がなければASP等に抗議メール。

って感じです。

更にたまに抗議に対して逆切れして、アド狩りとか嫌がらせの匿名TBとかしてくる馬鹿がいますが、そこまでのオバカさんには容赦する必要がないので即刻法的措置に入ります。
過去に数名直接謝りにくるはめになってますよ。

ちなみにSEESAAとかはきちんと返事もくれるし個々に注意するといった対応もしてくれているようです。

こういう対応でも、ブログサービスの考え方やレベルがわかりますね。




バカTBを送ってくヤツはやっぱりバカだった
posted by 検索猿人 at 23:44 | Comment(4) | TrackBack(32) | SEO日記