2006年02月26日

結局グーグルSEOは

キーワードの選定とアンカーコンテキストマッチということになるのかな。
posted by 検索猿人 at 00:28 | Comment(3) | TrackBack(3) | グーグルSEO対策

ページランク

グーグルのページランクが更新されているようです。
僕の管理サイトのランクの最高値は5のままです。

さてさて、ページランクのお話し。

これも多くの方が勘違いしているようですが、SEOにページランクは関係ありませんよ。
誤解をして欲しくはないのですが、僕が言っているページランクというのは目に見えるページランクの事です。
ツールバーとかで確認できるアレですね。

前から書いているようにグーグルはSEO嫌いなのでSEOの役にたつような情報は可及的に公開しません。
よって、可視的なページランクはもはや何の意味もなさないものに成り果てていると考えて良いと思います。

反対に真の意味でのページランクは非常に重要です。
まあ、真の意味のページランクを僕らが確認するすべは、検索順位等から推測するしかないわけですけども。

というわけで、僕がこのぺーじでページランクといったら、真の意味のページランクと思ってください。
posted by 検索猿人 at 00:26 | Comment(2) | TrackBack(1) | グーグルSEO対策

2006年02月23日

ヤフーとグーグル

ヤフーとグーグルの差が縮まってるそうです。
まあ、グーグルのほうが圧倒的に検索制度が高いから当たり前かな。

でも、グーグルSEOってメンドクサイんだよね。
posted by 検索猿人 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO日記

2006年02月20日

無法地帯

去年あたりからにわかにアフィリエイトが脚光を浴びています。

それと同時にゴミみたいなページが増える増える。

アフィリエイトバナーをベタベタベタ。
まあ、こんなのは初心者の人によくある話。
検索にも引っかからないから見なけりゃいいので放置。

問題はちょっとこの世界を知っている人間のアフィリエイト。

アフィリエイトをかじってるからニッチなキーワードでアフィリエイト。
SEOもかじってるから、上位とは言わないまでも中位くらいには引っかかる。
まあ、普通は検索の3P以降なんて見ないから良いんですが、ちょっと細かい調べ物をしようとすると引っかかっちゃうんですよねえ、こういうページが。
もう、マジでウザイ!!!!!
クリックして開いてみれば、何の情報もないシステムで自動生成されたページだったりするんですよ。
あーゆーページはゴミですね、ホント。
別にシステムによる自動生成を否定してるわけじゃありませんよ。
僕だって自動ソフトを使ってますし、相方にはPHPを勉強させてます。
ただ、内容のないページを大量に作るなって言いたいんです。
僕はこの類の無内容なページはスパムの最たるものだと思います。
検索エンジンも人力でも何でも良いからペナルティ与えて欲しいですね。

ホントこのままじゃアフィリエイトのイメージが悪くなりっぱなしだと思いますよ。
posted by 検索猿人 at 04:26 | Comment(4) | TrackBack(2) | アフィリエイトとSEO

2006年02月17日

ヤフーめ

相変わらずカテゴリーアイコンの消滅問題は解決していないみたいですね。
いたるところで大騒ぎです。
ホント勘弁して欲しいですね。

さて、ここ数週間行ってきたブログによる実験。
ヤフーとMSNについては本当に顕著な結果が出てきています。

まあ、つまるところ、ヤフー対策についてはHIT理論の理解に尽きるのではないでしょうか。
ほぼ同じ内容のサイトで、グーグルでも大体同じ順位のキーワードなのに、HIT理論をちょびっと実践すると10位以内なのに、しないと圏外。

ヤフーったら、もう、露骨過ぎ(笑)

更に細かく実験中なので結果が出次第、もったいなくない範囲で書いていこうと思います。
posted by 検索猿人 at 05:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | ヤフーSEO対策

2006年02月16日

アフィリエイトは儲かりますか?

世間ではアフィリエイト花盛りですが、月1万以上稼ぐ人はほとんどいないそうです。

何ででしょう?

僕はそろそろ会社作らないと税金がメンドクサクなりそうな額を稼いでいます。
別に特別のことはしていません。
僕自身は本職は他にあるし、サイトも作れません。
本職はコンピューターとは無縁の世界です。
実際のサイト製作は相方にやっていただいています。
相方は女子大生ですがこの世界に興味を持ったらしく、WEBの専門学校に通いだしましたが元々は全くの素人です。
今でも素人に毛が生えたようなもんです。
それでも、「稼げる」サイトは作れます。
僕らがやっていることといえば、
ネットで色々調べて、情報の取捨選択をして、実践して検証する。
これだけです。

よく「人と同じ事をしちゃだめだ」なんて言葉を見ますがそんなことはないですよ。
成功は成功者の模倣から始まります。
成功者が全くいない世界ならいざ知らず、成功者がいるのですから真似させてもらいましょう。
成功者の成功は、試行錯誤の結果です。
我々はその試行錯誤を前提として考えを始めれば良いのです。
同じ事をした上で、ちょっと上に行く工夫、ちょっと脇にそれる工夫。これで良いんです。
少なくとも僕はそうですね。

成功を誇りたい人は大勢います。そのなかから自分の成功に必要なヒントを見つけてください。
posted by 検索猿人 at 03:44 | Comment(2) | TrackBack(1) | アフィリエイトとSEO

2006年02月15日

発リンクの数

これはグーグルに限る話しではないと思うのですが、特にグーグルのページに書いてある事が基礎になっているのでグーグル対策のところで書く事にします。

グーグルのサイトマップ製作についてのページに、「ページが100を越えるようならサイトマップは分割しなさい」とあります。
参照

つまり、このことから、グーグルは1ページの発リンクの数がおおよそ100であると考えていると推測できるわけです。
確かに発リンクが多すぎれば、ユーザーも使いにくいですし、ページランクの分散が激しすぎてSEOとしても好ましくありません。
という事で、1ページの発リンクは100が目安という事になります。
ただ、内部リンク等々がありますので、僕は自分のページのリンク集の発リンクは1ページあたり大体50程度にしています。

そして、相互リンクをお願いするサイトも1ページで100を越えるリンクを張っているサイトにはお願いしないようにしています。
まあ、マイナスにはならないでしょうから相互しても良いんでしょうが、僕個人のポリシーみたいなもんです。

そこで、1つ注意です。
ブログだとよくサイドバーにリンクを張りますね。
それはそれで良いんですが、アフィリエイトリンクや、グループへのリンクとかをサイドバーに入れると、軽く100を越えてしまいます。
そうすると、もしかしたらグーグルに「使いにくいサイト」と評価されてしまうかも知れませんし、相互先にあまりメリットのないリンクになってしまいます。
何より、リンクの溢れたブログほど見にくいページはありませんので、ユーザービリティー=SEOの観点にも反しますね。

よく、相互リンクならトップという話しを聞きますが、場合によります。
厳選されたトップ相互なら良いですが、トップ相互が氾濫するようだと、かえって意味のないものになりますよ。

という事で、ブログをお使いの皆さん、お気をつけください。

posted by 検索猿人 at 04:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | グーグルSEO対策

SEOリンク集・ブログの作り方のヒント【無料ブログ作成】

ブログの作り方のヒント【無料ブログ作成】


サイト説明
ブログ作成での私なりの話
posted by 検索猿人 at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEOリンク集

SEOリンク集・ブログパーツを探す(無料・ブログペット)

ブログパーツを探す(無料・ブログペット)

サイト紹介
ブログにつける無料パーツ(ブログパーツ・ブログ素材)を探す

posted by 検索猿人 at 03:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEOリンク集

2006年02月14日

実験MSNSEO

以前、うちのサイトはMSNが苦手だと書きました。
実際主力のサイトはMSNからのアクセスはほとんどありません。

ただ、多くの人はMSNのSEOが楽だというので、僕もやってみましたMSNSEO。

結果から言わせていただければ、検索数月50万、結果100万サイトで、10番台を確保できました。
新規サイト立ち上げから2週間。
こんなに簡単にいくとは思いませんでした。
少し拍子抜けですね。

結局、MSNはタグの使い方とキーワード密度って事ですね。
上記サイトは
総単語数500前後。比率15パーセント。
H1からH3まで1回ずつ使用。
ストロング4パーセント。
って感じです。

正直、グーグル主体でSEOをやっていると、比率15パーセントなんてありえません。
なので、僕の管理サイトはMSNでは結果が出なかったのでしょう。
ただ、どこまでが限界かの実験はまだなので、今後最適な内部構造を突き詰めて調べていきたいと思います。

今回の実験から得られた教訓。

MSNとヤフー、グーグルは別物と思うべし。
ヤフー、グーグルをターゲットとしたサイトをメインサイトとし、別にMSN対策用サイトを構築し、メインサイトに誘導する(ミラーを作るというわけではありませんよ)
MSNは内部構造で何とかなる。

って感じですね。
posted by 検索猿人 at 22:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | MSNSEO対策

2006年02月12日

発リンクの考え方

SEOにおいて被リンクが多いにこしたことがないのは言うまでも在りません。
じゃあ、発リンクはどうでしょう。
せっかく集めたものを吐き出してしまうのですからSEOにマイナス?
確かに純理論的に考えればそうなるかもしれません。

しかし、最近ではそうではないといわれています。
被リンクが多いと評価されるのは被リンクが多いページは「ためになる」ページだという考え方に基づきます。
そして、「ためになる」ページには「ためになる」ページが引用されているのが普通ですよね。
つまり関連性のあるページへの発リンクは、当該ページが「ためになる」ページの証左だという事です。
ですから、関連性の強いページへの発リンクはSEOにも効果的となるというわけです。
これを「ハブ」理論なんていったりもします。

結局はユーザーにとってためになるページを作る事がSEOの近道という事ですね。

SEO初心者の中には発リンクが少なければ少ないほど良いと思っている方が少なからずいるみたいなので書いてみました。
posted by 検索猿人 at 22:06 | Comment(5) | TrackBack(1) | SEO日記

SEOリンク集 るるのネットで稼げるか!大作戦!様

るるのネットで稼げるか!大作戦!

管理人
るる様

サイト説明
るるがブログでアフィリエイト中心に 完全無料でお小遣い稼ぎに挑戦中!ブログでお金を稼ぐことはできます!その方法を紹介しています!さらに 収入UPめざしてがんばるぞ〜 o(*^▽^*)o~♪

posted by 検索猿人 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEOリンク集

SEO実験

実はこのブログと同時にいくつかブログを立ち上げて実験しております。
まあ、大体考えていた通りの結果になっているので満足です。

検索数50000/月のキーワードでヤフー初登場8位とかですから上々でしょう。
ちなみに↑このブログは、内部のSEOは最低限で、外部リンクが5件ほどです。
キーワードさえ選定すれば新規立ち上げでもまだまだ勝負できますね。

posted by 検索猿人 at 01:36 | Comment(557) | TrackBack(3) | ブログSEO

2006年02月10日

SEOリンク集 検索エンジン様

posted by 検索猿人 at 10:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | SEOリンク集

SEOリンク集、SEO検索エンジン最適化様

SEO検索エンジン最適化

僕が熟読しているサイトです。
SEOを考える人は是非読んでください。
posted by 検索猿人 at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEOリンク集

ブログとSEO

ブログはSEOに良いっていわれます。
だから、ブログでアフィリエイトとかやっている人が多いのでしょうね。
とりあえず、SEOの観点からブログの特徴を挙げてみましょう。

1 1エントリーごとにHTMLページが生成される。
2 内部リンクが複雑に張られる。
3 外部リンクが容易に獲得できる。

という点でしょうか?

1についてはかなりの利点ですね。
1つの文章で1ページです。サイト内のインデックス数がページの評価に直結してるであろうというのは結果が出ているので、これは良い。

2についても普通のHPだと手作業でリンク張りをしなくてはならないので助かります。月別や、カテゴリー別にわけるっていうのはSEO的にも意味があるんですね。

3についてもトラックバック機能でガンガンリンクを獲得できますから利点でしょう。

ただ、今後もブログ優位が続くとは思えません。
ブログは気軽な分内容の乏しいサイトが多く、これらが上位表示されると検索制度が下がってしまうので、検索エンジン側が必ず対策を練ってくるからです。
現に、今では去年ほどブログが優位とまではいえません。

検索エンジン側の対応としては、トラックバックの被リンクとしての効果を減らす(いわゆるノーフォロータグってヤツですね)、特定の無料ブログのドメインごと評価を落とす、等の対応があるみたいです。

という事で、上位表示を本気で考えるならとりあえず、何も考えずにブログに飛びつくのはやめておきましょう。

ただ、ブログでも上位表示されているサイトはたくさんあります。
HTMLとかをよく知らない人には使い勝手が良いですよね。
そこで、ちょっと気をつけて使いましょう。

具体的には

@ 出来るだけ独自ドメインを使う。それが無理ならせめてサブドメイン型にする。ディレクトリ型はやめておきましょう。

A サイトタイトルはシンプルに。そして必ずSEOをしたいキーワードを入れる。

B カテゴリーにもSEOをかけたいキーワードを入れる。

C 当然本文にもキーワードを入れるように心がける。
  その際、ページ上位に入れる。
D ライブドアブログとかではカテゴリー外のエントリーとかもできるのですが、必ずカテゴリーに組み入れる。
E トラックバックは必ず打つ。効果が低い(かも知れない)としても現時点ではやる価値がある。
F リンクはトラックバックにばかり頼らずに積極的に相互リンクをしていく。現時点では他のブログへのコメントも被リンクとしてカウントされるので積極的に書き込みにいく(ちなみに書き込むときは名前にリンクタグがはられる場合が多いので、名前はキーワードを含むものにしておく)
あ、補足しておきますと、あわよくば被リンク増加も目的とした書き込みは「ノーフォロータグ」が書かれているブログには無意味です。MTやSEESAAには導入済みだったと思います。

※くれぐれもコメントスパム、トラックバックスパムにならないように気をつけましょう。

といったところでしょうか。

実はブログについては今現在色々実験中なんですよね。
上のに異論がある方は突っ込んでください。
posted by 検索猿人 at 00:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログSEO

2006年02月08日

カテゴリー登録とSEO

ヤフーのSEOにはカテゴリー登録が不可欠ですね。
確かに以前のようにカテゴリー登録ページからのアクセスは激減してますが、ヤフーの検索結果はカテゴリー登録サイトに下駄をはかせていますから、ヤフーのSEOにはどうしてもカテゴリー登録が必要になるんですね。
まあ、カテゴリー登録の下駄がヤフーの検索精度の低下につながっているのも間違いないんですが、ヤフーさんも商売ですから仕方がないのでしょう。

という事でヤフーで手っ取り早く上位表示させようと思ったらビジネスエキスプレスしかないんでしょうね(笑)

ちなみに僕の管理サイトでは、今、カテゴリー登録がついたり消えたりしてます。
他のサイトでもこの現象は見られるらしいですが原因が分かりません。
こればっかりはホントにお手上げです。
カテゴリーがつけば一桁、消えると70位代ですからたまったもんじゃないんですね。
どーゆーことなんですかねえ?ヤフーさん。
posted by 検索猿人 at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヤフーSEO対策

SEOリンク集 神速アフィリエイト様

神速アフィリエイト

SEOに限らず成功している人の話を聞くのは非常に有益です。
僕がある程度SEOで成功しているのも、ひたすら有益な情報をネットで探しまくったからです。
まあ、どれが有益情報かを判断するのが大変なんですけどね。

という事で今日はその有益情報サイトをご紹介します。
上記日本一MONYなブログさんはブログランキングでも10位以内に入るほどの人気サイトだったのですが移転なされました。
新しいブログは神速アフィリエイトとなります。
ランキング上位を惜しげもなく捨てるのはすごい・・・

人気サイトだからといって必ずしも有益ではないのがこの世界の怖いところですが(笑)このブログは使えます。
単なるSEOだけではなく経済学とかをからめてみたりして、読み物としても楽しいですしね。

お時間のある方は是非熟読してみましょう。



posted by 検索猿人 at 00:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | SEOリンク集

SEOリンク集 ネットで「小銭」を稼ごう!


ネットで「小銭」を稼ごう!

管理人
nene様

サイト説明
もう、稼いでません。



このサイト説明にちょっとウケました(笑)
posted by 検索猿人 at 00:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | SEOリンク集

2006年02月07日

SEOと検索エンジンのアルゴリズム

SEOって検索エンジン対策ですから、検索エンジンのアルゴリズムとは切っても切れない関係にあります。

検索エンジンのアルゴリズムが少し変わるだけで我々は右往左往です(笑)
でも、まあ、ただ振り回されてるだけじゃ癪なので、アルゴリズムの変更をSEOに役に立てましょう。

つまり、なぜその変更が行われたのかを考えるんです。

例えばなぜグーグルがバックリンクを正確に表示しなくなったのか?
それはバックリンクがSEOに非常に重要だからです。
どのようなサイトにどれだけリンクされているからこのキーワードでこの順位。
そういったSEO上不可欠な情報を、SEO嫌いのグーグルは提供したくないんでしょうね。
つまり、我々がこの変更から学ぶ事はバックリンクってすごい重要なんだなってことです。

もう1つの例。

去年のある時期に、ブログの順位がいっせいに下がった時期がありました。

ブログはエントリーごとにHTMLページを生成するのでSEO的に有利でしたが、検索エンジンはブログより普通のページを上位表示させたかったんですね。

じゃあどうやってブログの評価を下げたのでしょう。
これは憶測に過ぎませんが、たぶん無料ブログのドメインごと評価を下げたんじゃないかっていわれています。

FC2とかSEESAAとかがドメイン名だと評価を下げるってことですね。

この仮定が正しいとするならばこの変更から読み取れるヒントは
@ ブログはSEO的に良い。
A ブログの構造自体が否定されたわけではない。

結論 独自ドメインでカスタマイズしたブログをやるのがSEOとして効果が高い

という事になります。

という事で、僕のこのブログも独自ドメインなんですね。

さらに実際に稼ごうと思っているページはMTをカスタマイズしたものを(MTのノーマルは検索エンジンに嫌われるという話しを聞いたので)使っています。

検索エンジンのアルゴリズムの変更は大ヒントです。
「なぜ?」という事をよく考えるようにするとがSEOの王道だと思います。
posted by 検索猿人 at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | SEO日記